出産と生命保険、医療保険@何に加入すれば!?

出産は結婚に続く人生における一大事であり、それに向けては事前に様々な準備をしておく必要があります。

 

保険もまた入院が必要になる出産にはたぶんに関わってくるところであり、特に気になるのは給付金の支払いがあるのかという点です。

 

産婦人科への入院やケースによっては手術を行う場合もあるのですが、これら出産に関わる内容についてはしっかりとカバーされているのでしょうか。

 

実は通常分娩で問題なく赤ちゃんが生まれた場合には入院給付金の適用から除外されることになり、そこで保険会社から金銭的に得られる物はありません。

 

これは以外に受け取る方も多いのですが、本来は病気や怪我に対する備えでありますので、適用から除外されるというのも致し方ないといえます。

 

一部の例外としては前期破水などの場合には正常分娩でも適用を受ける場合もありますので、このあたりは契約した際の書類などで確認しておきましょう。

 

一方で通常分娩ではなく異常分娩となった際にはこの入院給付金の対象となる案件になり、母体へのリスクが高まることから一定の給付金の支給が見込めます。

 

この異常分娩とは「帝王切開、子宮外妊娠の手術・治療、妊娠中毒症の治療、悪阻の治療・入院、切迫流産、妊娠中毒症」などが該当しますので、いくら保険が降りるとしても母体にとっても赤ちゃんにとってもリスクが高い事柄ばかりだといえます。

 

なお一つ注意していただきたいのは、妊娠してから加入することができる保険は少なくなりますので、結婚などのタイミングで早めに加入しておくと良いでしょう。

 

 

【人気記事】
【9割の人がよくやる】保険相談の3つの致命的な間違い!!とは!?

出産と生命保険、医療保険@何に加入すれば!?関連ページ

女性の生命保険って何?どんなものがあるの!?@ 乳がん、卵巣がんなど
近年女性専用の保険が増えてきていますが、どのように選べばよいのかを解説します。