AIG富士生命のがんベスト・ゴールドの保障内容は?

AIG富士生命のがんベスト・ゴールドの特徴は?

 

AIG富士生命のがんベスト・ゴールドは主契約であるがん診断給付金のみでの契約が可能で、がんと初めて診断確定されたとき、最高300万円まで一括給付され保険料の払込みが免除になります。また入院の有無に関係なくがん診断給付金が支払われ、2年に1回が限度となりますが、支払事由に該当する限り何度でも支払われます。

 

その他にがん入院・手術特約を付加した場合、入院日数に応じたがん入院給付金が支払われます。また、がんで温熱療法や放射線治療を受けたときにも60日に1回を限度に何度でもがん手術給付金が支払われたり、がん先進医療特約を付加した場合は、入院の有無に関係なく、厚生労働大臣が定める先進医療によりがんを直接の原因とする療養を受けた場合には技術料に応じて所定の金額が支払われます。またがん死亡保障特約リビング・ニーズ特約を付加した場合は、がんを直接の原因として余命6ヶ月以内と診断されたときは保険金を生前中に受取りできるので、緩和ケア等の資金に利用できます。

 

また、保険期間中はAIG富士生命健康サービスの健康医療相談サービスやセカンドオピニオンサービスが利用ができるので、日々の健康チェックや重い病気を患った時のセカンドオピニオン探しに利用できます。

 

 

 

 

AIG富士生命のがんベスト・ゴールドの保障内容は?

AIG富士生命のがんベスト・ゴールドの保障内容はいたってシンプルです。

 

まず「がん」と診断されたらがん診断給付金が出ます。
これは100万円、200万円、300万円のコースから選ぶことが出来ます。

 

この中には「上皮内がん」も含まれており、これは他社のがん保険ではなかなか対象になりにくいがんです。

 

AIG富士生命のがんベスト・ゴールドは「がん」にかかっていることが医療機関によって証明されれば、転移であれ再発であれ2年に一回を限度として何回でも同じ補償額をお受け取りになることが出来ます。
また一度「がん」と診断された後は、保険料を支払い続ける必要がありません。

 

 

先進医療の補償もついており、その治療を受けた際には技術料に応じて1療養につき最高500万円、通算で最高1,500万円までを保障してくれます。

 

 

サービス面も充実しており、24時間体制の健康医療相談サービスやセカンドオピニオンサービスを御利用することが出来ます。インターネットから申し込むことも可能で、ホームページ上で簡単にお見積もりを見ることも出来ます。例えば、30歳男性がクレジットカード払いで主契約100万円のコースに申し込んだ場合の月額保険料は1370円です。

 

 

AIG富士生命のがんベスト・ゴールドの保障内容は?関連ページ

AIG富士生命の「愛する家族のためにみんなの一時払介護保険」の特徴は?
AIG富士生命の「愛する家族のためにみんなの一時払介護保険」の保険商品について徹底解説しています。生命保険、医療保険がん保険等商品名も交えて解説!!